肛門科 / 胃腸科 / 内科 / 外科

〒146-0083 東京都大田区千鳥3-7-2

東急池上線「千鳥町駅」 徒歩2分

03-5732-3200

MAP

藤川クリニック|大田区 肛門科 胃腸科 内科 外科 千鳥町駅 下丸子駅

トップページ医師の紹介医院案内交通案内初診の方へ

痔のはなし

はじめに

痔は非常にポピュラーな病気です。症状のない軽症例まで含めると成人の約1/3にみられると考えられています。にもかかわらず、肛門に対して持つイメージとして3K(汚い、気持ち悪い、臭い)があり羞恥心のため肛門科受診をためらう傾向にあります。そのため日常生活において多くの人が悩みを抱えていると思われます。私は肛門科専門医として少しでも多くの方のお役に立ちたいと思っております。どうぞお気軽にご相談下さい。
肛門の病気を総称して痔と呼んでいます。そのため痔にはいろいろな病気があります。

そのなかで次の3つ(1~3)が代表的な病気です。

はじめに
痔核
直腸肛門部の血流が滞って、血管がイボのように膨らんだ状態
裂肛
硬い便や強いいきみにより、肛門上皮が裂けて傷ができた状態
肛門周囲膿瘍・痔瘻(じろう)
細菌感染により、肛門が腫れて膿が貯まったり出たりする状態

おしりの解剖図

おしりの解剖図
肛門括約筋
肛門をしめている筋肉
静脈叢
静脈が網目状にひろがっているところ
歯状線
直腸(粘膜)と肛門(皮膚)のさかいめ

1.痔核(いぼ痔)

痔核は肛門の血管が膨らんだものです。血管自体は誰にでもあります。そのため、症状の全くない隠れいぼ痔の人が多くいます。
ところが、この血管がさらに膨らんで出血や脱肛、痛みなどの症状がでるようになると痔核という病気になります。痔核はできる場所により内痔核と外痔核に分けられます。
内痔静脈叢が膨らんで肛門の中の直腸側にできる内痔核と、外痔静脈叢が膨らんで肛門の外の皮膚側にできる外痔核です。
いずれも便秘や下痢のためトイレで長時間いきむこと、飲酒、長時間座っているなどの肛門を圧迫する姿勢などが原因となります。外痔核は急性にできますが、
内痔核は慢性化した状態です。それぞれ症状も治療法も異なります。

内痔核とは?

内痔核の症状は排便時出血と脱肛です。
はじめは排便時の出血のみですが、長期間つづき慢性化すると脱肛症状がでてきます。
出血は坐薬や内服薬で一時的に抑えることができますが、脱肛症状は薬では改善しません。
したがって慢性化して脱肛症状がでてきた場合、手術を検討する必要があると考えます。重症度2度以上に相当します。
今までいろいろな手術方法が行われてきました。レーザー治療、凍結療法、ゴム輪結紮法、PPH法などです。
いずれも再発率の高さや合併症の多さから、現在ではほとんど行われなくなっています。
今日主に行われている手術方法は、結紮切除術とジオン注による硬化療法(ALTA法)の2つです。
このうち切らずに注射だけで治るジオン注による硬化療法(ALTA法)は、約10年前に開発された画期的方法で今日急速に普及しています。
結紮切除法に比べて、入院が必要ない日帰り治療ができる点、再発率や合併症の低さ、術後の痛みがほとんど無いことなど優れた方法です。
ただし高度な手術手技が要求されるため、一部の肛門専門医にのみ厚生省が認可しているにすぎません。
当院ではこのようなジオン注による日帰り治療を積極的に行い、良好な治療成績を挙げています。

内痔核重症度分類と主な症状
分 類 主な症状


1度 内痔核 I度
  • 痔核の脱肛はない
  • 痛みはなく、排便時に出血することが多い
2度 内痔核 II度
  • 排便時に脱肛するが、自然にもどる
  • 出血が時々ある
3度 内痔核 III度
  • 脱肛して、指で押し込まないともどらない
4度 内痔核 IV度
  • 指で押し込んでももどらない
  • 粘液がしみ出して下着が汚れる

外痔核とは?

外痔核の症状は痛みと腫れです。ある日急激に外痔静脈叢が膨らみ血栓ができ、この部分が腫れて激しい痛みが起こります。肛門周囲膿瘍も同じ症状ですので注意が必要です。医師の診察により鑑別診断可能です。

1~2週間痛み止めや腫れ止めの内服薬を用いて治療を行います。1~2ヵ月後にはほとんどわからない程度に小さくなります。したがって手術をせずに治ります。
ただし破れて出血する場合、切除術を選択する場合があります。

分 類 主な症状


血栓性外痔核 血栓性外痔核
  • 血栓ができ腫れて激しく痛む
  • 破れて出血することがある

 

2.裂肛(切れ痔)

2.裂肛 便秘のため硬い便が出たりトイレで長くいきんだりすると、肛門に裂け傷ができ出血や痛みがでます。
この急性期の症状に対して、坐薬および内服薬による治療をします。
通常数週間程度で傷が治ると、出血や痛みが治まります。
しかし、長期間にわたり慢性化すると傷が硬くなり肛門が徐々に狭くなってきます。
重度の狭窄は手術が必要となる場合があります。
このように慢性化しないためには、原因に気を付ける必要があります。
特に多い原因である便秘に対しては、常に下剤を服用して便通を整え、裂肛にならないようにすることが大事です。


 

3.痔瘻(あな痔)

3.痔瘻 直腸と肛門のさかいめ、つまり歯状線の小さなくぼみから大腸菌などの細菌が入り込み,急速に化膿して腫れて痛みがでます。このような急性期の状態を、肛門周囲膿瘍と呼びます。始めは抗生物質の内服治療をしますが、悪化して腫れがひどくなる場合局所麻酔の注射をして切開し、膿を出す応急処置が必要です。
さらに膿瘍(うみをもった腫れ)を治療すると一時的には治ります。
しかし再発を繰り返し慢性化することが多く、この慢性化した状態を痔瘻と呼びます。
痔瘻になると薬による治療では治らないため、硬くなった芯の部分を切除する根治手術を検討する必要があります。
肛門周囲膿瘍や痔瘻の原因を防ぐことは困難です。人間の持つ構造的欠陥である、歯状線のくぼみから腸内悪玉菌の細菌感染が起こり易いためです。ひとたび発生した場合は、早めに病院を受診することが大事です。


 

4.肛門周囲湿疹

下痢をして下痢便が肛門周囲の皮膚に付着すると、かぶれてかゆみやヒリヒリ感がでます。
腸液はアルカリ性で、皮膚を障害するためです。
また肛門皮膚は薄くデリケートなところですので、トイレットペーパーで必要以上にこすると湿疹を起こします。
ウォシュレットで洗いトイレットペーパーでやさしく拭いた後、内服薬と塗り薬(軟膏)をしばらく続けていると徐々に良くなってきます。

5.直腸がん

40歳を境にがんの発生が増えてきます。
便に血が混じる等の症状が続く場合は要注意です。
自分では痔だろうと思い、病院への受診が遅れて直腸がんが進行してしまう人が時々います。
まずは専門医を受診して下さい。


6.慢性特発性肛門痛

肛門の奥が持続的に痛む病気です。
肛門鏡や直腸鏡で観察しても異常を認めません。しかし、指診(触診)で陰部神経管に圧痛を認めることより診断がつきます。
肛門の神経が障害され痛みが起こります。
軽症では内服治療を、重症では局所神経ブロック注射が有効です。


痔を予防するには?

おしりをきれいに
肛門皮膚は薄くデリケートなため、かゆみを伴う湿疹や傷ができやすい傾向があります。ウォシュレットを使って肛門を洗い、トイレットぺーパーはやさしく使って下さい。
便秘・下痢に注意
便秘は痔の最も多い原因です。便が硬くなることで長時間いきみ、そのため肛門に傷ができたり肛門の血管が膨らみ、出血や脱肛症状がでます。また下痢をすると肛門皮膚がただれかぶれの原因になります。したがって常に便通を整える必要があります。適切な下剤や下痢止め薬を服用することで、便通の調整はできますのでご相談下さい。
トイレの時間は短く
長時間トイレでいきんでいると痔が悪化しますので、出ないときは一旦トイレを出ましょう。
一回のトイレの時間は3分以内として下さい。
長時間の座り仕事に注意
長時間座ったままでいると、肛門を圧迫しうっ血をきたすことがあります。
ときどき立ち上がり、肛門の圧迫を取り除き血行を良くしましょう。
飲酒は控えめに
酒に含まれるアルコールは肛門の血管を拡張し、うっ血をきたします。できるだけ控え目にしましょう。

 

(マルホ(株)指導箋より一部抜粋)

診療受付 9:00~13:00
15:00~19:00
休診日 土曜午後・木曜
日曜・祝日

お問い合わせ

03-5732-3200

住所

〒146-0083
東京都大田区千鳥3-7-2

詳細MAP

PAGE TOP